ネット上で処方箋医薬品を購入するのは安全?

薬品「譲渡制限令」は多くの小売薬局を困惑させています。薬局で処方薬を購入する習慣がある市民にも不便です。すると、多くの人がネット上で処方箋医薬品を購入し始まりました。ネットで検索エンジンに「オンライン薬局」を入力したら、すぐ何万つのリンクを飛び出しました。このような「オンライン薬局」で西洋医学、漢方薬注まで買うことができて、医療器械をネットで公開に販売される情況は稀ではなくなりました。

ネットで非処方薬をしか販売できないです。2005年12月1日から、「インターネット薬品取引サービスに審査の暫定規定」が正式に実施され、人々は技に薬局に行っって薬品を買える必要がなくなりました。媚薬の激安販売 「暫定規定」によると、個人消費者向けにオンライン取引サービスを提供する薬品の企業はネットで企業経営の非処方薬しか売られないです。しかし専門家の紹介によると、2000年からネット薬局は盛んできました。その原因はネットで購入した処方薬の大多数は医師の処方をいらない抜け穴があります。

オンライン購入の処方薬も便利だが、薬の安全保障することができません。我が国は毎年、薬物有害反応の患者20万人に達したが、薬品「譲渡制限令」は薬の安全使用を保障するためのです精力剤。インターネットで処方箋医薬品を販売する違法問題が、有効な監督と管理今も難しいので処理し難いです。だから、私たちは、勝手にオンラインで処方箋医薬品を購入すべきではないです。