処方薬とは?市販薬との違いところは?

私たちが使用する薬は大きく「処方薬」と「市販薬」に分けることができます。風邪薬や頭痛、腹痛、胃薬から肌あれ改善、ビタミン剤まで、ドラッグストアで手に取る薬はどんどん増えていきます。病院で処方される薬とは、何がどう違うのでしょうか。

薬局やドラッグストアで自由に購入できる「市販薬」に対し、医師や歯科医の診断のもと出される「処方せん」が無いと購入できないのが「処方薬」です。

処方薬は、効き目も副作用も穏やかである「市販薬」に比べて、効き目が強いものが多いです。その分副作用のリスクも高めです。ただし、医師・歯科医師の指導に従って使用すれば、それほど心配はいりません。

処方薬は、その量や種類を医師が考えて決めているものなので、自分の希望で量や種類を変更することはできません。使用する際の服用期間や服用量も必ず医師の指示を守るようにしてください。変更する場合は、医師に相談してください。

 

市販薬とは薬局•ドラックストアなどで売られている薬のことで、自身で選んで服用することができます。上手に活用することで病気の予防や回復、健康の維持•増進に効果大。

市販薬の有効成分は:

<要指導医薬品・第1類医薬品>

処方薬と同じ有効成分をもちますが、処方薬の1/2〜1/3に抑えられているものもあります。

<第2類、3類医薬品>

ひとつの薬にさまざまな有効成分が入った総合的な薬です。合併症や副作用が起こらないように安全な用量で作られています。

処方薬の有効成分は:

通常は、ひとつの医療用医薬品には、ひとつの有効成分が含有され、処方される際はひとつの症状に対し必要な薬を処方されます。例えば、風邪で受診した場合も症状が発熱、鼻水、咽頭痛、咳と症状が多様だとそれぞれの症状にそれぞれに必要な薬が処方されます。

 

市販薬=一般用医薬品は、一つの薬にいろいろな成分が入った総合的な薬です。例えば、頭痛薬でも半分近くは胃薬が混ざっているなど、合併症や副作用が起こらないように安全な領域成分含有量でつくられます。

処方薬は、それぞれの薬が一つの症状に効果があるようにつくられています。頭痛薬は頭痛に対しての薬であり、胃薬は別に処方します。副作用が起こらないよう、患者さん一人ひとりの症状や体質に応じて医師が処方していくことになります。