病院・医院と処方箋の調剤薬局が別れた理由って何なのでしょうか

今更ですが、病院・医院と処方箋の調剤薬局が別れた理由って何なのでしょうか?

昔は病院・医院内で会計と同時に薬を出していました。
今でも古くからある個人医院ではそうしていますが、いつの頃からか、新しく開業した病院・医院では医院とは別な場所に薬局を作り病院内では薬を出さないようになってしまいました。
これって患者に取って不便だと思うのですが…。
医師の処方した薬を調剤薬局がチェックすることによって安全に服用してもらう。
と言うのが表向きの理由です。

しかし、国の本音は医師から薬を取り上げることが目的でした。
病院が薬を出しても儲からないようにし、国の医療費の削減が目的だったのです。
医師が薬を出し、患者を薬漬けにすることで病院が儲かる。
それでは国の医療財源が破綻すると言うことで、
病院は薬を出しても儲からないようにしました。(薬価差の圧縮)
薬価差もなく、病院は薬を持っていても在庫が経営を圧迫するだけです。
そして、国は「院外処方にして、処方箋を発行すればお金をあげますよ」といって、
院外処方箋料を設定しました。
また、薬局には「院外処方箋を受け付ければ、お金をあげますよ。」といって
調剤基本料、調剤料をおいしく設定しました。
ですから、全国で病院が薬を手放し、調剤薬局が乱立したのです。

しかし、国の医療費は一向に下がりません。
「ぜんぜん医療費が下がらないじゃないか」と言って、
国は調剤薬局の報酬を締上げています。
いまじゃすっかり儲からなくなりましたから、
調剤薬局の出店ペースは頭打ちです。

結局、患者の利便性よりも国の医療費の問題が多いです。
医薬分業が患者の為なら、
なぜ今でも事務員が薬を調剤するクリニックが存在するのでしょうか?
行政もそれを黙認していますよ。

現状でも医師から薬を取り上げ、
調剤薬局にニンジンぶら下げて、ジェネリックを普及させるメリットが患者側にありますか?
全ては国の医療費削減のためです。
薬剤師会が必死になって疑義紹介と処方変更のアンケートを取っていますが、
医薬分業メリットをわざわざ国にアピールしなければ
調剤薬局や医薬分業の存在意義すら危ういのです。