5月, 2015年

調査:月性生活八回一番幸せ

2015-05-27

調査:月性生活八回一番幸せ医網要旨:調査によると、今回の生活の幸福度調査主要ネットアンケートが行われ、2371位、年平均29歳の女性にアンケート調査を受けた.調査内容は一連の可能性と生活の幸福度に関する変数を含むところの年齢、教育程度、婚姻の状況、収入、定職があるかどうかかどうか、不動産、住宅面積、週りの人収入、物質の生活態度かどうかなど、メンツを重んじる.調査によると、生活の幸福度が最大の要因は関係を持つかどうか自分の不動産、次の仕事があるかどうかを固定.調査の住宅面積は人によってその生活の幸福度の高低に発見して、住宅の大面積の住宅面積が小さい人より人の幸せが、住宅建築面積は以上の160平方メートルの後、幸福感は低下.高収入の人より確かに低収入の人は幸せですが、収入の増加に伴って、両者の関係は薄れて.注目に値するのは、相対的に所得生活の幸福度評価の中国プレミアリーグのほどが絶対収入.相対収入とは、自分の収入と同年齢の人の収入の差.例えば、一人で儲ける3000元を儲けて、週りの人2500元、自分より儲け3500元儲けて週囲に4000元の人より幸せ.海外の研究では、既婚者は未婚者より幸せ.なんぞ教授はこれに対して検証し、発見適齢期5年以内の人が一番幸せだけど、適齢期は5年を超えて、幸福感が低下し、それに比べると、未婚同時には恋愛対象の人は一番幸せじゃない.また、婚姻状況と性生活関係の調査によると、性生活は生活の幸福度の影響により婚姻状況生活幸福度の影響が大きい.たとえ制御婚姻状況からは、より多くの性生活の人はもっと幸せに.しかし幸せな曲線は、毎月8次性生活を持つ(週2回)の時を超えて頂点に達した、8回、あとは、生活の幸福曲線低下.しかしなんぞ教授の補足説明:この研究には相関変数しか測定によって、それらの中の因果関係を確定できない.もし性生活と幸せな関係の中で、調査のデータが確定できない多くの性生活を一人より幸せも、もっと幸せな人はもっと多くの性生活.ある以下説明性愛すぎた:性交過度のどれらの感じを1 .精神倦怠、低迷、つまらなくて、元気が出ないで、仕事はつまらないし、集中力を、うつらうつらして;2.全身の力が抜けて、腰の酸っぱい足が柔らかくて、動くことがおっくうで、ぐらぐらして安定しないさま、頭は気絶めまい、両眼とも金星;3.顔色が靑白く、両眼は無の神、態度は憔悴し、形体痩せて4.息切れ動悸、発汗時に、眠れない多い夢、眠りにくい;5.食欲減退、不思食、胃納が軽度吐き気感を.