6月, 2016年

ビタミンに有害な健康な健康な長期的な健康の病院処方薬長期的な健康の長期的な

2016-06-30

いつからか、私たちの週りから溢れている各種のビタミンを複合補い品の広告と提唱よけいにビタミンを補充する栄養の提案.これらの宣伝の中で、ビタミンの習慣を少し補充した人も少なくなった.例えば毎日服用一粒複合ビタミン錠あるいは毎日服用ビタミンE、ビタミンCのカプセルが個別の達人はまた自分の組み合わせはさらに複雑な成分:昼食後に一粒のビタミンC、夕食後の一粒一粒複合ビタミンB油……しかし、このような方式で健康を保養するのは本当に科学的効果のか?服用ビタミンEの男性よりも交換して前立腺がんビタミンE(ビタミンE、VE)と呼ばれるトコフェロール、最も主要な一つの酸化防止剤.長久以来、抗酸化防止、慢性疾患(例えば癌)の作用を予防する可能性があるとみられている.また、ビタミンE、血液循環を促進すると増加のホルモンのレベルの効果を、多くの女性も服用あるいは外で塗りビタミンEと老化,改善の肌美容できる.しかし、最近発表で権威医学誌アメリカ医学会雑誌(ザジャーナルオブアメリカンMedical
巨人倍増 Association、JAMA)の研究では、長期にわたる追加服用ビタミンEが増加して前立腺がんのリスクを男性.2000年には、アメリカ複数の研究機関の研究者をアメリカから、カナダ、プエルトリコなどを見つけるのは35000人余りのごじゅう歳や55歳以上の男性条件に合緻するボランティアグループに分けて,病院処方薬、よんしよ実験:A組服用ビタミンEとセレン(セレンとビタミンEが協と作用、よく組み合わせ一緒に使用)、B組服用ビタミンEとセレンプラセボ; C組服用ビタミンEプラセボとセレン; D組に服用して2種類のプラセボ.この研究はビタミンEが前立腺癌の予防に予防する過程で発生する作用を探究したいと思っています.しかし2008年、この実験は早めに中止せざるを得ない.研究者たちは発見が長期服用ビタミンEは前立腺がんで無益させて、かえって前立腺がんのリスクの増加17%、そしてビタミンEとセレン協同服用と単独服用ビタミンEは差別がない.しかし取り上げるべきなのは、これらのボランティアたち服用のビタミンEの量は400国際単位(インターナショナルUnite、IUは、生物活性代表ビタミン/抗生物質/ホルモン量の薬学単位.いちの国際部門のビタミンEは0.667ミリグラムDL-q -トコフェロールアセテート)、通常販売の複合ビタミン錠にビタミンEの含有量を30-200国際単位.高用量はこの実験結果の原因となりそうです.毎日ビタミン,健康はかえってあなたに遠く離れますか?その他に1篇の同時期に発表の『内科学纪要』(Archivesオブinternal medicine)の文章からは女性の立場を述べた各種ビタミンと微量元素を吸収して追加健康への影響.対38000数名の平均年齢.

顔が少しでも、普通の病院処方薬医学の美容としては

2016-06-28

で紹介斑点の治療の前に、こまめに強調しなければならない正確な診断の重要性は、さまざまなシミの原因は異なり、治療方法も異なり、診断の誤りがあるなら、間違え治療の方法、運がいいのは無効で、無駄骨折っ;運の悪いかえって症状がより悪化外見よりみっともなくて、甚だしきに至っては皮膚に対して、体を傷つけるので,正確な診断、治療は成功の第一歩.探しに医師として、自分はどんな斑点が美容の目的を達成する.

時のよくある医学美容
この数年は、もともと応用に医学上の治療方法が少し改善に侵入し、減少性、安全性の増加後医学美容治療方法に対して顔のシミもある程度改善が、この類の治療方法、一般的には上皮性斑点、シミやフラクセル3デュアル有効で、本革性斑点、各種母斑、ならず者のふりずんばい.

Pは、一般的な医学美容治療があります:

p〉〈時は> <化学性ピーリング
p〉〈時は> <結晶ピーリング

イオン導入
時、光レーザー治療法
レーザーの出現は、医学美容の画期的な発明、破壊する能力を持って選択のレーザー、如精霊飛騨のように黒色素細胞だけを破壊し、皮膚の正常な組織の他に影響しないため、前に医師足掻きがつかぬの各種のシミ、特に位、真皮の各種母斑、例えば>

幼児喘息、病院処方薬知能低下

2016-06-24
早漏防止スプレー